旦那の臭い!洗濯で対策できる部分がある?!

2016y03m30d_002214147

 

 

 

 

 

毎日のお洗濯シーンで、「何だか異様な臭いがするな」と
思ったら旦那さんのシャツだった…!というショックな事実に対面する
人も多いのではないでしょうか。

旦那さんの職場でしみついてくるタバコの臭い、
旦那さん自身の加齢臭、汗臭いにおい…。

女性にとって生理的に受け付けたくない、と感じてしまう臭いは多いものですが、
さすがに面と向かって旦那さんに文句を言うのも喧嘩になってしまいますね。

こういった旦那さんの臭い衣類について、
洗濯の面で対策できる手法を見てみましょう。

まず、いつもの洗濯にプラスワンの手間でできる臭い対策です。

基本的なことですが、こういった臭い洗濯物はためこんでしまうと
臭いが増長してしまうもの。

できるだけ間をおかずに、素早く洗った方が臭い(及び汚れも)とれやすくなります。

また、つけおき洗いが有効なこともあります。

特に汗の臭いや、体臭は30度前後のお湯に一晩つけておくとよく取れますので、
お風呂の残り湯などにつけこんでおくと簡単です。

「脱いだら、シャワーついでに桶に入れておいてね」と
旦那さんにお願いしてみてもいいでしょう。

次に消臭対策ケア用品を洗濯に導入してみましょう。

タバコ臭い洗濯物はやっかいですが、
これは洗濯する前に適当に屋外などにつるし、外気にさらしておきます。

そして「ファブリーズ」などの洗濯物・衣類消臭剤を吹き付けたあとに洗濯すると、
しみついたタバコ臭がよくとれます。

また、強烈な体臭や、しみついた脂っこい食べ物の臭い対策には、
酸素系の漂白剤につけこんでおくのが有効です。

また、漂白剤を定期的に使用しておくと、滅菌効果があるので生乾きの臭い対策にもなります。
洗濯したのに臭いが気になる、という場合の梅雨の対策にももってこいです!

 >>>私が実践した旦那の臭い対策をご紹介

 

コメントを残す